竜王山はなだより(センダン・ウツギ)

 

夏がもうそこまで来ています。

竜王山ではこの時期、下記の花が見ごろとなっています。

センダン(センダン科)

配水池の付近にたくさんのセンダンの木があり、配水池の広場が絶好の展望台です。

「栴檀(せんだん)は双葉より芳し」の栴檀はビャクダンのことですが、微かな芳香を風が運んできます。

小さな薄紫の花がびっしりと咲きます。

今月中楽しめます。

 

ウツギ(ユキノシタ科)

別名はウノハナ。名前の由来は旧暦4月、卯月に花が咲くから。

赤崎の登山口に白い花を下向きにつけています。

「夏は来ぬ」に、♪卯の花のにおう垣根にホトトギスはやもき鳴きて…♪

と唄われているように、夏はすぐそこまできています。

ホトトギスの甲高い鳴き声も間もなくでしょう。

 

 

関連記事

  1. 竜王山だより(アマナ)

  2. 「2018日本列島クリーン大作戦」に参加しました。

  3. 竜王山花だより「ヒトリシズカ」

  4. 「アサギマダラおいでませ作戦」第6弾が実施されました。

  5. ヒメボタル鑑賞のため、竜王山の通行止めを実施します。

  6. 竜王山はなだより(キランソウ)