嶋田工業株式会社

お電話でのお問い合わせはフリーダイヤルで。0120-22-2222
商事事業部

商品のご紹介:かんばつくん

かんばつくん

今まで厄介者にされて来た
間伐材を活用しました。

地場林業の活性化と環境保全のため、誕生したのが、丸太材を利用したコンクリート擁壁構造、「かんばつくん」です。

<特徴>

●木の持つ温もりが、周囲の緑や風景に溶け込み美しい景観を損なうことなく違和感を与えない仕上がりとなります。

●自然素材なので石材や蔦などにもなじみ人工的な色彩が緩和されます。

●コンクリート、木材、モルタル、鉄骨等どんな壁面にも取り付けが可能。

●自由自在に組合わせることができ、色々なデザインが描けます。

●表面の木材を、ロータリー、角材などに加工することもできます。

山口型かんばつくん みんなで止めよう、温暖化。 ボスコ

●実績写真 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

谷止工
福島県郡山市
擁壁
岩手県花巻市
擁壁
栃木県足尾市
谷止工
長野県筑北村
谷止工
高知県梼原町
谷止工
岩手県二戸市
谷止工
茨城県高萩市
谷止工
栃木県那須塩原市
谷止工
神奈川県秦野市
谷止工
長野県明科町
谷止工
石川県白山市
擁壁
愛知県設楽町
擁壁・歩道・手摺
新潟県新潟市
擁壁
新潟県長岡市
谷止工
新潟県村上市
擁壁
栃木県茂木町

●ここが違います。(仕組み)━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

パネルの取付けは簡単です。
<縦断側面図>

専門的な知識や技術の必要がなく簡単。
ベースコンにベースプレートを取り付けて縦鉄筋を取付け、穴付きの丸太を積み上げていくだけです。

自然になじむ丸太型枠ユニットを採用。
<正面図>

製材所で加工された丸太を千鳥状に設置。連結金具により交互接続する方法ですから、手間もかからず高精度の強固な丸太化粧型枠になります。美しい景観にしっくりと溶け込みます。

外観は美しく中身は強固で安全。
<コンクリート打設内側傾斜視図>

丸太型枠ユニットをさらに強固にするために、鉄板を用いて接合するほか鉄鋼L字型補強ガイドアングルを組みコンクリート基礎に固定する。
中身は頑強な造りで、外観は美しいコンクリート擁壁が完成します。

山口県産材を使いましょう。

間伐材の活用は、森林を守ると同時に森林所有者への適正な利益還元を通じ、間伐の推進等、森林の持続的な管理経営と地域振興や環境にも貢献することになります。


コンクリート硬化後、脱型型枠を取り外し、パネルとコンクリートが一体化された、強くて美しい擁壁『かんばつくん』の完成です。

木製特殊型枠「かんばつくん」組立工程

砕石の上にベースコンを打設。同時にL型縦鉄筋を挿入。
型枠を立てますので多少の落石も防護ネットのかわりにもなり安全です。

工場生産された3本連結の丸太型枠ユニット(山口型では1本ずつ)を縦鉄筋に差し込んで千鳥状に積み重ねていきます。

それぞれ上下の丸太型枠ユニットを止金具で釘付けして一体化させます。補強ガイドアングルが一定の傾斜を正確に保つことができます。

高く積み上げるために、L字縦鉄筋を長く伸ばします。ネジ式で簡単に連結することができ、どんな角度でも自在に対応することができます。

1-4の工程の繰り返しでどんどん積み上げていきます。縦鉄筋がコンクリート打設時に強力に支えられ、外部からの補強も必要ありません。

山口型かんばつくんは高精度で低コスト