嶋田工業株式会社

お電話でのお問い合わせはフリーダイヤルで。0120-22-2222
商事事業部

商品のご紹介:万協エコスペック

万協エコスペック

----万協フロアーシステム----
独自の二重床システム
エコスペック

製造時CO2排出量削減
耐震性向上
二重床システム

●例えばこんな場所に…

集合住宅/戸建て住宅/事務所/
店舗/展示会/
病院・医療・介護施設/
多目的フロアー/教室/体育館/
文教/リフォーム/床暖房/
ウッドデッキ
YPE-TGタイプ、新登場!! 従来の合板から、製造時CO2放出量の少ない「万協エコボードTG」へ。
エコスペック 安心の品質保証 有限会社泰成電機工業 万協株式会社

寸法安定性

合板などで発生する温度・湿度変化によるあばれ・伸縮がほとんどない。木質素材の伸縮を抑制するため、大幅にアフターメンテナンスが減少。

遮音性

床衝撃音低減性能(⊿L等級 ⊿LL(II)-4 ⊿LH(II)-3)

床剛性

床剛性の高いしっかりとした床はトラブル減少。

耐久性

100kgf荷重を繰り返し200万回/箇所行っても異常なし。

耐震性

万協エコボードTG+万協高規格パーティクルボード、そして万協スラブロックシステムにより、高い剛性固定床となり、高い耐震性を実現。

耐水性

施工時及び居住時において、床上に水がこぼれた場合でも床の基本強度性能に影響なし。

耐虫害性

合板などに卵を産む虫も、万協エコボードTGには卵を産む被害なし。

不燃性

万協エコボードTGは不燃認定品です。(不燃:NM-0255)二重床で初めて不燃認定品を採用、万一の火災避難時、足元を守ります。

価格安定性

価格の変動が大きい合板と異なり安定した価格で供給。

■万協マルチ・コンポシステムとは

●あらゆる角度から見て環境に優しい床であること。その為には床下地に求められることとは…

・高剛性
・高耐久性
・高遮音性
・快適・安全な歩行感
・高い施工性
・高い自由度
・環境と健康に良いこと
・大幅なメンテナンスの削減

などを高次元で実現させる…万協フロアーの開発コンセプトです。

床下地専門メーカーとして長年培った技術の蓄積、研究成果の集約としての提案が万協マルチ・コンポシステムです。

万協エコスペックスラブロックシステム(PAT) 実現場床衝撃音遮断性能確保のための施工方法(PAT) 高比重高強度制振材(PAT)

■万協スラブロックシステムの特徴

耐震性二重床 万協スラブロックシステム 地震に強い二重床は、この支持脚構造にあります。100年の耐久性とメンテナンスフリーの床下地を目指す。

●万協フロアーだけの新技術、スラブロックシステム

●高い施工性

・ボルト頭部から、接着剤を注入するだけで、回転止めとスラブ固定が同時にできます。

・万協だけの特殊接着剤が、強力な接着力と弾性を確保しました。弾性を保つことにより、遮音性能の向上を実現しました。

●高規格パーティクルボード、万協パネル

万協パネルは、JIS規格よりも更に厳しい基準のパーティクルボード。「曲げ強さ」「吸水厚さ膨張率」「曲げ破壊荷重」などの各種試験数値も、JIS規格を大きく上回る基準です。

施工性・耐震性・遮音性・剛性・保守性ともに飛躍的に向上させました。

●耐震性に優れた床下地です。

「置き床」ではなく「固定床」のため、地震時の床突き上げ、横揺れに対して強い構造を持っています。
・震度5振動実験で異常なし!!(床高H-400)地震波は阪神淡路大震災時の兵庫県南部地震波によります。

●遮音性の向上。

・太鼓音(自己反響音)の低減も達成!!
床衝撃により床パネルが発生させる太鼓音は、発生源室に重量物を置くことにより低減します。これと同じ効果がスラブ固定により得られます。

●安全性の向上。

・安全性を検証する(床硬さ試験)
コンクリートスラブの上に、柔らかい仕上げ材を貼っても転倒時の衝撃力はほとんど変わりません。万協フロアーは、木質パネルならではの安全・快適な床です。

・転倒時の安全性試験
転倒時のひざ、腰、ひじ、頭などを打ち付けた場合、衝突時の衝撃安全性を評価するJIS A6519では100G5以下と規格値を定めています。

●床剛性をアップ!!

・支持脚の強度が飛躍的に向上しました。

・パイプ形状の鋼製支持脚だから引っ張り・圧縮・曲げ・せん断にも強く、床高もガッチリ支えます。

・過酷な200万回踏み込み試験にも異常なし!!
加圧板φ80mmにより100kg荷重を繰り返し、200万回/箇所行います。
同じ箇所を1日100回踏み込んでも54年以上掛かります。

●メンテナンスフリー!!

・スラブ固定型ですから床鳴りの原因となるパネルのソリ、あばれ、支持脚の浮きを防ぎます。
踏み込みや重量物、湿気等によるパネルの変化を抑えます。

・十分な耐久性により、リフォーム時も床下地はそのまま使うことが可能です。