嶋田工業株式会社

お電話でのお問い合わせはフリーダイヤルで。0120-22-2222

社員の声

社員の声

このページでは嶋田工業で実際に働いている社員の声をご紹介しています。

現場監督(建築)

現在、どのような仕事に従事されていますか?

建設現場において、先輩社員の下で現場管理を行っています。先輩社員の指示のもと、設計図書・図面の照査、現場の安全・品質・出来形の確認を行い、 施工方法・工程を施工業者と打合せを行っています。管理する現場は、品質と安全の管理の為、写真の撮影、書類の量が膨大です。これらを毎日欠かさず作ることも一つの役目です。嶋田工業に入社して5年になりますが、まだまだ学ぶべきことがたくさんあります。

これからの目標は?

現在2級建築士の資格の勉強をしています。実際の現場で学びながら施工管理についての知識はもちろんですが、経験を積んで更なる資格のアップも目指したいと思っています。また、これから一人で現場を持たせてもらったときに、今指導していただいている先輩からの教えを生かしつつ、自分の色を出しながら現場を管理したいと思います。多くの人の役に立つような建築物を作りたいと思っています。

若手社員の現場管理者について

昔は若い社員は現場管理者であっても一作業員と一緒の扱いで現場を駆け回っていた、という話も聞きます。現在はそんなことは少なく、将来の現場管理者として先輩の下で勉強させてもらいながら仕事をしています。現場の状況によっては夜遅くまで作業を行う必要があり、土曜日・日曜日も出ることもあります。今嶋田工業には若い現場管理者が少ないので、これからどんどん増えて活気づいてほしいと思います。

営業(建設)

現在、どのような仕事をされていますか?

建設事業部の営業管理課で営業を行っています。
営業と言っても幅広く、主には顧客や建築設計事務所様への営業を行っています。
又、営業や定期訪問に伺ったときに建物メンテナンスの依頼や相談、又諸工事などの対応も多くあります。過去に施工させて頂いた建物を利用されているお客様に、もっと使いやすく、もっと便利になるように提案や改善などをさせて頂いています。施工時もいろいろと打合せを行いますが、実際に使ってみると利用目的の変更や、使用状況で不具合で出てくる事があります。その不具合やメンテナンスを解消し、いかに快適に建物が利用できるかを考え、提案させて頂く事も大きな仕事のひとつですね。

嶋田工業はどんな会社ですか?

具体的にはホームページ内容を見て頂くと会社・各部のイメージが分かりやすいと思います。年齢層で言うと、60歳前後の大ベテランと40歳台のベテラン層が多いかな。続いて30歳台20歳台ですね。新卒からの大ベテランもベテランも多く、私も新卒40歳過ぎですから、その中の一人かも知れません。
部門も建築、土木、住宅、積算、設計、設備、商事、運輸他と様々なプロがいますし、年齢も様々ですので、社内でアドバイスや相談事も解消できるのではないでしょうか。社員同士のコミュニケーションとして、ソフトボール大会や歓迎焼肉会などもあります。
会社は比較的自由な社風ではないかと思います。先輩やマニュアルで決められた行動ではなく、自分の想いを社内で提案、検討して行動でき、結果が出せる会社だと思います。

印象に残っている仕事は?

私は営業に変わる前に、建築の現場管理を任されていました。その中でもJVでの工事となった、山口宇部空港新ターミナル工事が印象に残っています。建物の規模もそうですが、工事施工中に大型台風に見舞われ空港周辺は2m近く水没、工事事務所は傾き倒壊寸前でした。そんな中、水に浮く外壁材(ALCパネル)に乗ってカメラを取りに行き、現状を写したことが、今でも変な?記念になっています。建築は形に残る仕事となりますし、苦労の末、やり遂げた感動は最高だと思いますよ。

現場監督(土木)

現在どのような仕事に従事されていますか?

土木の現場において、現場管理を行っています。
発注者との打合せ、設計図書・図面の照査、現場では安全・品質・出来形の確認を行い、施工方法・工程を施工業者と話あったりする仕事です。

これからの目標は?

施工管理は、従事する工事内容により色々な工種の仕事をしなければならない職種なので、どこにいっても対応できる技術者になりたいです。

どんな人と仕事をしていきたいですか?

・健康で自己体調管理の出来る人
・一緒に働く仲間のことを思いやれる人
・物事を前向きに考えられる人
・新しい内容の仕事にチャレンジできる人
・先輩のアドバイスを素直に聞ける人

営業(商事)

現在、どのような仕事に従事されていますか?

商事事業部の仕事は、大きく二つに分かれます。まずは実際にお客様(建設会社等)へ商品を販売する仕事と、企業や官公庁へ新しい商品や設備の企画提案をする仕事です。
私は後者を担当しています。企業様にはエネルギー関連や事業に必要な設備の提案などの「聴いて、創って、売る」。官公庁には事業計画に新たな商品や設備の提案や場合によってはコンセプトの提案などの「創って、作って、売る」です。

印象に残っている仕事は?

印象に残っている仕事は、ある仕事で新聞やテレビに取り上げられたときです。大手新聞社の地方版に関った事業が記事にされ、私が提案した内容を盛り込んだ事業が紹介されたときは「間違っていなかった、認められたんだ」と感じました。地元ケーブルテレビの取材を受けたこともありました。

これからどんな仕事をしていきたいですか?

上記に挙げた内容と同じになりますが、認められる仕事です。お客様に喜ばれる仕事や会社に認められる仕事は当たり前ですが、自分のした仕事が社会のためになる仕事や多くの人に認められる仕事をしていきたいと思います。