本製品は土壌微生物膜プロセスを使用した、環境に優しい「汚水(トイレ)処理システム」で、山小屋・保養所・公園等に最適です。

  • 汚水発生量の変動に対応できる。
  • 処理水の再利用可能。
  • メンテナンスが容易で、ランニングコストが安い。


国立公園や中山間、行楽地の汚水処理システムとしての実績と信頼を頂いています。

処理水を散水やトイレの中水として利用可能。小さい消費電力。



「ソフィール」は《自然と人との共生》をテーマに、環境保全・省エネルギー・リサイクルをコンセプトとした汚水処理システムです。土壌の浄化能力を極限まで追求した土壌微生物膜プロセスによる、汚水の高度処理システムで、合併処理浄化槽として国土交通省の一般認定を取得しております。
水道水源が多くある中山間地域において、トイレの水洗化と共に水質汚濁を防ぐことが重要となってきています。この地域の理想的な水環境保全を図るには、季節性による負荷変動に対応でき、維持管理が容易な高度処理システムが必要となります。

処理方式
建築物からの屎尿と雑排水を混合集水し、固液分離槽、嫌気ろ床槽、送水ポンプ槽、土壌浸潤槽および消毒槽を組み合わせた構造で浄化処理します。
再利用できるきれいな処理水
土壌は何億という数の微生物によって汚水中の汚濁物質を短時間で浄化します。土壌層へ空気を送り、微生物の活性を高め、土壌の団粒構造を維持します。
このように処理されたきれいな水は河川へ放流できるとともに、トイレ用洗浄水や植栽への散水用として活用できます。
汚水の負荷変動に強い環境保全型システム
土壌は微生物の保持能力が高いので、季節的な使用頻度の変動が大きな公園やキャンプ場などのトイレにおいても使用開始とともに高い浄化能力を発揮します。また、自然の景観と調和するように土壌浸潤槽の上部は植栽ができます。