竜王山だより(ボタンズル・センニンソウ)

8月も最後になりました。

日差しは強いものの、竜王山に吹く風は乾いた風となってきました。

ツルニンジン、ヒヨドリバナ等のつぼみが膨らんできています。

いよいよ、秋の山野草が登場して賑やかになり楽しめます。

 

現在、よく似た花二つが見ごろです。

ボタンヅル(キンポウゲ科)

白色の花が、頂上までの車道脇の所々で賑やかに咲いています。

葉がボタンに似ていて蔓性なので、この名が付きました。

花弁のように見えるのはガク片で、約2cmあります。

見ごろは、9月初旬ごろまで。

 

センニンソウ(キンポウゲ科)

花が終わると花柱が伸びて、白い毛が出てきます。

これを仙人のひげに例えたとか…。

ボタンヅルとよく似ていますが、こちらはガク片が約2倍の4cmあります。

この写真を見ると、「白い線香花火」のようです。

頂上までの車道脇で見られます。

見ごろは9月初旬ごろまで。

関連記事

  1. 第20回「竜王山山野草ウォッチング」

  2. 竜王山花開き(アマナ)

  3. 竜王山だより(ツルニンジン・カラスノゴマ)

  4. 竜王山はなだより(コウホネ)

  5. 「やけの美夕フェスタ」が開催されました。

  6. 竜王山花だより「ヒトリシズカ」