竜王山はなだより(ボタンクサギとモンキアゲハ)

連日焼けるような猛暑ですが、台風が心配です。

この時期の竜王山は花が少ない時期ですが、その中で一際ボタンクサギが目を引きます。

 

ボタンクサギ 牡丹臭木(クマツヅラ科) 写真上

別名 ベニバナクサギ 中国南部原産。

いつの頃から観賞用として栽培されていたが、竜王山では野生化して2ヶ所で群生地しています。

キャンプ場上部車道傍などに説明板があります。小さな花が半球状に集合しています。

この花は大型のチョウである、クロアゲハの仲間だけが訪花します。

吸蜜時、頭が下がりお尻が上がる様は、観ていて愉快です。

まだ暫く見る事ができます。

 

関連記事

  1. 竜王山花だより「コオニユリ」

  2. 竜王山花だより(ホタルカズラ)

  3. 第2回嶋田工業カップ高等学校選抜ソフトテニス大会が開催されました。

  4. 第1回嶋田工業カップ高等学校選抜ソフトテニス大会が開催されました

  5. 竜王山だより(ナンバンギセル)

  6. ヒメボタル鑑賞のため、竜王山の通行止めを実施します。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。